ホーム > テクニック > 少しずつ

少しずつ

やっと投資すると時という状況では一番に事前対策を横着してはいけません。

 

トレードを行う前であるとすれば、場面を冷静に見つめる事が可能です。

 

だが、ひとたび市場の中へ入ってしまうとどうあがいても考え方が自分勝手なものになる事が多く往々にして冷静な判断が分からなくなる可能性があります。

 

その分自分の合理的な時にちゃんとした事前準備をしておくことが必要です。

 

その"準備"とは、最初は自らの物語を記す事からスタートします。

 

将来の市場はああだからNZドルを取引するみたいな、あなただけの筋書きを書いていきます。

 

次はチャートをチェックしましょう。

 

以前のレートの上がり下がり確認して現時点の値段を確認します。

 

そうしたら、「過度に高すぎるレベルにある」など、もしくは「もうすでに大多数の人々が勝負している今さら売買しても今さら遅すぎるな」ということが理解できます。

 

当然ですが今はもう売買するのがやりようがないと思っていたら、エントリーしないで、この場面ではきっぱりと諦めることが不可欠です。

 

ストーリー展開を譲らずに無理やり注文すると、相場にやられてそれどころか為替差損を受けることになりかねない。

 

ただし大体のケースで、準備が整った自身の脚本を作っておけば、売買がやりようがないという場面にはならないと思います。

 

大方、具体的に市場が上下動する前の状態のはずです。

 

続いては、まずはあなた自身が売り買いしようと検討している外貨の推移をじっくりと見る事が重要です。

 

例えば円安が進むという筋書きを作成したのであれば、該当する通貨の変化に注意を払っておきます。

 

外国為替相場の上げ下げを確認し始めたときでは、まだその通貨は大きく上下動する様子を見せることなく、上下にちょっとした変動を繰り返しているだけでしょう。

 

しかしながら、その変動をじっと調べているとある場面で少しずつ、ドル高へと相場が推移し始めます。

 

このタイミングで、ドル円の新規注文を出すのだ。

 

普通、ここまで用意を考えておけばその注文で勝利する可能性は相当高まります。

 


関連記事

  1. 気分すっきりの定期大掃除

    小学生の私は、突然の思いつきで、大掃除や模様替えを始めるような子どもでした。 そ...

  2. 少しずつ

    やっと投資すると時という状況では一番に事前対策を横着してはいけません。 &nbs...

  3. 暮らしのテクニック

    現実にPCの前に座り、止まることなく上がったり下がったりしている為替レートをご覧...

  4. テスト

    テスト記事です。...